法人向けサービス

スキャン代行サービスは、文書電子化というオフィスに必須の取り組みを解決する、ペーパーレス化の相棒です。法人向けサービスの導入でオフィスの空間コストを下げることにもつながるため、現代のビジネスには必須です。

Read more

価格が気になる

電子書籍を作成する目的などで利用できるスキャナー代行業者ですが、たくさんのページ数に対応してもらおうとすれば料金が気になるところです。よって、サービス内容と品質だけではなく、料金にも目を向けるほうがよいです。

Read more

デジタル環境へ

書籍は電子化すれば簡単に持ち運べて、触れる機会を増やせます。専門のサービスとしてスキャン代行を行ってくれる業者もあるため、効率よく高品質な仕上がりの電子書籍化を期待できます。

Read more

品質向上への工夫

宣伝をする手段は様々な方法があります。その中でもフライヤー印刷と配布はメジャーな方法です。会社を比べて印刷しましょう。

スキャン代行時のスムーズで確実な作業につなげるためにすべきこと

スキャン代行サービスをスムーズに利用するコツとして、例えば書類サイズをまとめて揃えるのは大切です。なぜなら、スキャン時に揃えやすくスムーズな作業にまた同様に表裏天地を揃えておくと後々利用時や補正や修正時にスムーズな作業につながるためです。また、スキャン代行においてOCR自動文字読を依頼するなら、付箋をはがしたり混入しているメモ用紙等の紙片を排除しておきましょう。書籍の場合は写真や図表が中心の本と、小説の様な文字が中心の書籍に分類しておくと読み取り作業及び補正作業の円滑化につながります、同時に栞や紙片や小冊子やPR用のチラシなど省いておきましょう。これらはスキャン代行時に妨げとなりやすいもののため省いておくとよいでしょう。小さな紙片はスキャン代行の様な大量の資料を扱う場所では紛失の恐れもあるため予め省いて、別途手元で保管するほうがよいといえます。いずれもちょっとしたことなのですが、機械で自動できないことばかりなので予め施しておくだけでスムーズな作業の進行につながるものです。

スキャンサービス価格の相場と料金体系

書籍以外の書類でのスキャン代行サービスの価格の相場はサイズとカラーモノクロといったコンビニエンスストアのコピー機と同様の料金体系をとっていることがよくみられます。数社料金を参照しますと大抵の場合カラー原稿の料金はモノクロ原稿やグレースケール原稿の料金のおおよそ倍額の単価の設定を行っていることが多くみられます。スキャン代行の場合はコピー機と異なる料金体系が2項目あって、解像度と依頼時の枚数です。す。また、は結果データの受け取り方法や代金の決済方法にも左右されます。また、スキャン方法にはトレイに原稿を於いて自動的に吸い込ませる自動給紙とコピー機の様に手置きの2種類ありますでは、これより平均的な料金をを示します。モノクロスキャンの場合で自動給紙装置を使った場合での料金を示します。手置きの場合はこれより大抵数倍の料金がかかります。サイズについては特に特別な左図でない限り料金を左右する事は見られません。まず低めの解像度200dpiの場合4円から5円程度で逆に倍の解像度の400dpすと8円から10数円といったところです。からーすきゃんはせんじゅつの通りこの倍額程度の単価となります。